一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
みなさん10月1日の国勢調査しましたか?今回の国勢調査は大きな転換期なのです。そうだす。当初2007年より人口減少が始まると予想されていましたが、それを前倒しで今年から戦後初めて日本人の数か減少になる見通しが強まっているのね。やべーこりゃ大変だー。ってことで今回はこの問題について書いてみます。長いっす。興味ある人は読んでみて。
続きを読む >>
| Japan | 00:53 | comments(10) | trackbacks(2)
どーも昨日の続きだす。小泉首相の靖国参拝は違憲か、ということについてお粗末ながら自分の考えを述べさせてもらいます。今回も長いよーん。
続きを読む >>
| Japan | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0)
いやー季節の変わり目で風邪をひいてしました。みなさんを体に気をつけて。昨日、大阪高裁で首相の靖国公式参拝違憲の判決がでました。わたくし、この問題に関して2回もレポート書いているのです。ってことでまとめますと「違憲はイケン!」ってことです。今回も長いです。もしよかったら読んでみて。きっとなるほどと思わないかも。。
続きを読む >>
| Japan | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0)
西谷氏から障害者関連法案についてのメールが送られてくる。
お恥ずかしながら、まったく知識なく勉強してみるもののあんまりよくわからない。けど、問題を提起するには十分の内容だと思いましたんで書いてみました。
興味ある人は調べて、考えてみてください。

障害者自立支援法?、最初っからやり直すべし!
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm
厚生労働省 障害者自立支援法案の概要
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1a.html

郵政民営化法案の後ろでどんどん色んな法案が通ろうとしています。
| Japan | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0)
今日の朝日新聞の朝刊に考えさせられる記事があったので紹介します。

記事の内容は、オウム真理教松本被告の次女、三女へのインタヴューです。小中学校は入学を拒否され、高校、大学も何度も入学を拒まれたこと。バイト先も身元が知れると辞めさせれたこと。松本被告の娘というものを背負って生きてきた思いを語ってます。

サリン事件当時、小学生だった彼女らも今は大学生になっている。彼女らは生まれたときからオウムの中に組み込まれたわけで、まったく選択がなかった。好き好んで松本被告の子供として生まれてきたわけでない。彼女らにオウム事件の責任を負わせるべきではない。っとはわかっていてもどうしても特別な目でみてしまう。

アレフの住民権に対してもいつも問題が起きる。実際、僕の近所に元オウム信者がたくさん住んでいたら心配だ。しかし、彼らにも誰もが持ってる権利はあるわけだし、被害者へ損害賠償を払わなければならない。勉強不足でわからないが多くの信者も加害者ではなくて松本被告の被害者だとも考えられなくもない。

河野義行さんの話が感動したのでここに書いておく。
河野さんは、松本サリン事件の被害者で当時犯人扱いされた人だ。サリン被害と報道被害。河野さんの妻は混濁状態がまだ続いている。オウム真理教の一番の被害者と言っていい人である。河野さんは、妻の見舞いに来るアレフの信者を受け入れているという。また、松本被告の子供へ入学拒否などをずっと反対してきた。河野さんは言います。見舞いに来る信者や松本被告の子供自身が罪を犯したわけではない。彼らは一般市民と一緒で何も罪を犯してないのに社会が排除するのはおかしい。あってならないことだと。

もし私が被害者ならこのような考えはできるだろうか。なってみないとわからないが自信はない。オウム問題はまだ裁判も続いているし、市民とアレフの関係はこれからもずっと続く。正直、複雑な問題すぎてなんともコメントできないが、いろいろなことを考えさせられました。



| Japan | 21:40 | comments(2) | trackbacks(2)
ご無沙汰しておりました。
今日からちゃんと日記を書こうかなって思います。そんで一発目は、やっぱり、これでしょ。衆議院総選挙。

いやー自民党圧勝でしたね。自公会わせて衆院の三分の二ってすごいですね。もうなんでもできちゃう。どんな法案でも通しちゃうよ。だって、いくら参院で法案が否決されても衆議院の優越で三分の二以上の多数で再可決すれば、それがそのまま法案になっちゃうんだもん(憲法59条◆法すでにテロ対策措置法のイラク派遣は延期になったし、なんでもできちゃうねー。憲法改正も現実味を帯びてきたしね。ちなみに参院もなくしちゃえば。法案通んなくて解散とかしてたら、なんのための参議院かわからん。そんで国会議員も少なくしちゃえ。まーこんな話しは極端ですが、小泉自民はすごい力を手にしたことは間違いないです。選挙後も僕ら国民の選んだ小泉自民が暴走しないように監視するのも選挙と同様に国民の義務だす。

しかし、有権者は本当に小泉自民の目指す方向性を理解しているのかね。小さい政府、小さい政府って言われてたけど、要はアメリカ型の社会です。ハリケーンが米の負の部分を世界に晒しましたが、これこそ米社会です。ちなみにおもしろい統計があるので紹介します。
所得格差是正について米とスウェーデンの比較です。
Commitment to income equity in Sweden and the U.S.
__________________Sw(Social democrats) U.S(Democrats)
Favour equlity of results(%)________21%___________9%
Favour equal pay(%)_____________58%___________12%
Favour top limit of income(%)_______44%___________17%
Fair income ratio of exective_____2:1________15:1
to menial worker

(出所American Goverment 9th Edition)
最後の太字は、所得の多い人を少ない人の所得比率。米の差に驚くけど、スェーデンの2:1にはもっと驚く。北欧型社会がどんなもんか勉強不足で解らないのでなんともいえませんが、要するに米は経済格差が大きいってことです。まーそれがいいのか悪いのかは、まだ僕もわかりません。私は利己的なので自分が金持ちになれば所得格差OK。累進所得税反対!減税せよ!と言ってると思いますが、貧乏だったらもっと所得再分配をしっかしてくれと言ってる思います。あはは。

そうそう、海外のメディアはこの選挙をどう伝えるのかと思いまして、色々調べてみました。といっても、FT,WSJ,The NewYork times, Newsweek,the ecnomistとか英米メディアばっかりですけど。。みなさん概ね好意的ですな。きっと株価も上がっただろうし。特に米メディアは、小泉さんとブッシュの関係が良好だから、アジア重視の岡田さんより小泉さんがよかったみたい。本当にこの二人仲がいいみたいね。まーBSE以外全部、米追随外交だもんね。それで良いと思うけど。世界からも小泉さんの改革に期待が寄せられてるわけです。あんまわかないけど、郵政民営化も米の圧力がバックにあるとかないとか。

これだけ圧勝したら、どんどん改革を進めてほしいです。道路公団民営化もやりなおしで。
| Japan | 17:47 | comments(3) | trackbacks(1)
ちょっと思うところがあるので述べさせてもらいます。あんまり、メディアも政治家もきちんと郵政民営化について説明してないんじゃないの?なんか選挙自体はおもしろいけど結局みんなよくわかないままこの選挙にいくんじゃないかな。特に若い子は。なんとなく民主党、なんとなく小泉さんみたいな感じで。

郵政民営化は、詰まるところ、国のお金の使い方を改革してるんです。今まで郵貯っていう世界一の金融機関のお金を国が好き放題使ってたんです。特殊法人に金ばらまいたり、下らん道路作ったりね。そこを小泉さんは、国民の潤沢な資金(約340兆)を国じゃなくて民間に与えて活性化させよう!ってのが郵政民営化の主眼です。

ちなみに小泉改革ってのは、国のお金の使い方(財政改革)をよくしようとする改革で、国のお金の入り口は、郵貯なの。その集められた金(財政投融資)を国は好きなように使って、お金の出口である道路公団(特殊法人)なのね。だから、入り口と出口にメスを入れて改革っていうなかなか利に適ったもんなんすよ。道路公団に関して政府関与が色濃く残る形でおわっちゃけど。

ちょっとそれましたが、個人的には民営化賛成です。これ以上国の無駄使いを許すわけにはいきませんからね。で、郵政反対派とかメディアは、過疎地に郵便局がなくなるって騒ぎすぎだと思うすよ。だって、郵政関連6法案には、ちゃんと郵便局網の全国的設置を法律で義務づけるってあるし、郵貯、郵便保険を全国一律サービスにするために一兆円の基金設立もあるしね。なにより、窓口ネットワークと郵便は、完全民営化は見送ってるんです。づっと政府の介入があるんです。必要だと思うしね。

なんか、メディアもおもしろい刺客とか、新党とかにばっかりスポットあてないでもっと政策とかに焦点あててほしいもんです。しかし、小泉さんここまで考えて始めからやってたならすごい政治家だなーって思います。

| Japan | 20:48 | comments(8) | trackbacks(2)
また今日も政治ネタです。ちょっとその前にお知らせがあります。実を申しますと小生、お恥ずかしながらですね、英語でも日記をはじめっちゃっております。もしお時間があれば、このページのlinkから行けますので、はい!CHECK-CH-CHECK IT OUT!WORK-WA-WORK-OUT!LET'S TURN THIS MOTHERFUCKIN'S PARTY OUT!!ってビュスティーなのりでみちゃってみちゃって!

えっとね、今日は、ジェンキンスさんのことです。みんなも記憶に新しいと思うけど、ジャカルタでは本当に感動の再開の抱擁でしたね。間違いなく僕の想像を超える試練や問題が、曽我さん一家にはあるでしょう。すでに終了した冷戦という国家間のパワーゲームに今もなお人生を翻弄された続けてる稀有な運命をたどっている家族の再会に胸がつまりました。この家族にとって冷戦は終結していません。


from AP

でね、でね、こっちのメディアではどんな感じで放送されてるのかなぁ〜って疑問に思ったんで色々調べて見ました。

いろんなメディア(CNN,BCC,ABC,ECONOMISTなど)で、日本ほどではないんですけど、ちゃんとこの問題を扱っております。すこし、ほっとしました。総括するならば、厳しくジェンキンスさんの脱走罪を咎めるとともに、複雑に込み入った3国間(米、日本、アメリカ)の関係が、より解決を難しくしている。って感じですかね。

やはり、現在のアメリカの状況(アフガニスタンやイラクで米兵士も厭世気味?)でジェンキンスさんへの特赦は厳しいと思います。しかし、脱走罪という重罪の罪を科すのは、日米関係と米朝関係を悪化させます。日本の世論はだまってませんね。それこそ、小泉さんの支持率はストーンとまた落ちます。

僕が思うにですね。ジェンキンスさんが日本に来たということは、ジェンキンスさんの安全の保障は約束されてると思うんですよ。けど、アメリカの対面上、きちんと罪を問わなければならない訳で。きっと、それほど重くない罪で済むと思います。そう願ってます。

そういった意味で、この家族は、いまでも国家間に翻弄されているのです。小泉さんの2回目の訪朝だって、今回の選挙に合わせたのでしょう。

日本に帰った時に思ったんですが、日本のメディアは馬鹿みたいに曽我さんなどの拉致被害者の人達を追いすぎです。あほみたいにスーパー行っただの、何を買っただの。視聴者もそんなことを聞きたいんですかね。あほらしくて憤りを憶えました。もっとそっとしといて、ゆっくり日本で暮らしてあげたいです。

曽我さん一家みんなが、一日も早く故郷佐渡で静かに暮らせることを祈ってます。


referenceつけときます。一応APAスタイルで,ぷぷ。

REFERENCE
BBCNews.(2004). Japan gripped by Cold War love story.Retrived July 28,2004, from http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3905031.stm
| Japan | 23:06 | comments(10) | trackbacks(0)
いやはや年金未納問題も厭戦ムードと聞いております。
しっかし、あれですな。僕がこのニュースを聞いたとき、「どうゆことやねん!」と使えもしない関西弁で憤りを感じてカナダの地で地団駄踏んでおりました。ドンドン

いやいやまっこと忌々しき事です。これ!ちょっと考えて見てください。ななんと年金を払ってない人達が年金改革しよーってんですよ。あいたー良い改革ができるわけねーな、こりゃ。昔、大前研一氏の本に書いてあったんですが、なにやらなにやらどーも国会議員の老後は約束されてるそうです。勤めた年数が多いほどいっぱいお金が死ぬまで貰えるっていう政治家にとってスンバらしい制度があるらしいっす(記憶が曖昧なので定かではありません)。で、老後は安泰にもかかわらず、天下りなどして金の亡者になっちゃてるんですね。当時は、いいのぅ政治家って。。と嘆息をついておりました。
そうなんですね。要するにですね、彼らにとって年金は老後の死活問題じゃないんですです。そりゃー本気になれんはー、改革。てきとーななるはー、改革。忌々しきこと甚だしい!STAND UP!JAPANESE!と横文字を使って、他人任せのことをいってみたくなる今日この頃。。。。。。
かくいう私もまだ学生なので、払ってないのでね。この問題は、自分の中で社会に出る頃に考えればいっかといわゆるよくない問題の先送りをして終了。。。。

年金問題で思い出したんですが、僕が二十歳くらいのころ、年金納める納めないで母親と口論になったことがありましてですね、僕は年金納入を拒否します。と理由として1、自分が老後になった時、貰えるかわからないから
2、年金納入拒否は、ワタクシの日本政治へ一種の抗議であります。なんつー講釈を云々吐かしておりましたら、母親が一喝「なにゆーとんじゃ!この馬鹿息子!お前の年金で今の老人が暮らしとんじゃー!てめーのことしか考えてんじゃねー」平手を一発(嘘です)まー、このようなことを申しまして、まっこと母親でかしと思い、翌朝、年金手続きにいったのでした。チャンチャン

さーて、今日の現実逃避おしまい。レポレポ


| Japan | 15:47 | comments(2) | trackbacks(0)
PROFILE
RECOMMEND
セルマ・ソングズ~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク
セルマ・ソングズ~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク (JUGEMレビュー »)
ビョーク, ビョーク&キャサリン・デニューブ, ション, ボン・トリア, ベル, ビョーク&トム・ヨーク, ビョーク&ショブハン・ファーロン
I've seel it all- there is no more to see1
RECOMMEND
トレインスポッティング
トレインスポッティング (JUGEMレビュー »)

'choose your future, choose life!'
a bunch losers,liars,psychos and Junkies. Mark Renton is my hero.
RECOMMEND
カリフォルニケイション<スペシャル・エディション>
カリフォルニケイション<スペシャル・エディション> (JUGEMレビュー »)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
i don need to say anything
RECOMMEND
Hail to the Thief
Hail to the Thief (JUGEMレビュー »)
Radiohead
radiohead leads you to heaven
RECOMMEND
強く生きる言葉
強く生きる言葉 (JUGEMレビュー »)
岡本 太郎, 岡本 敏子
life is a battle
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM